PMGは、“日本とパラオの健康の架け橋”になるために、2008年7月に誕生しました。パラオの大自然の恵み「ノニ」という果実を商品化し、パラオの自然保護や国家に還元・寄与するとともに、「健康づくり」を通じて双方の発展を願っています。PMGの商品は、人工物は一切使用せず、「自然のもの」だけでつくられた商品ばかりです。販売することだけを目的とするのではなく、商品を通じて「自然の大切さ」「安心・安全な“食”の大切さ」 を皆様にお伝えする会社づくりをしてきました。人も自然の一部であり、人の心身の健康の源(みなもと)は、自然にあります。 「厳格な安全」のもと、自然への畏敬の念を持ち、歴史的裏付けのある農法でつくった、 自然のままの商品をお届けします。自然の素晴らしさと大切さを、皆様と共有させていただければ幸いです。  





  私たちのグループ会社「モアーク」では1999年より有機農業を営んでいます。
そんな折、当時のパラオ共和国大統領から、環境に配慮したパラオの産業育成を依頼され、有機野菜づくりを提案させいただきました。 はじめに農場(パラオ・オーガニック・ファーム)を整え、熱帯地方では困難とされる有機野菜づくりを見事に成功させ、パラオの雇用創出、自給率向上に貢献。 現在もパラオの需要に応えています。 無農薬・無化学肥料栽培を軌道に乗せた 「パラオ・オーガニック・ファーム」にてノニの供給が安定してきた頃、販促 を一元化するために、私たちPMGが引き継ぐことになりました。PMGの商品はすべて安全性と確かな品質を何よりも優先しています。 それは、自然な農法で栽培された天然の食材をできる限りそのままの形で摂っていただくのが栄養面や安全面において、そして何より「健康に生きる」ために最良だと考えているからです。






『本物を広め、自然に回帰する』
人間にとって本当に必要なものは自然界にあります。なぜならば、人間も自然の一部であるからです。自然とかけ離れた食べ物、商品が大半を占めている現在、人の健康状態は悪化の一途を辿っており、生活習慣病などや精神病は増え続けています。PMGの本物の商品を広める活動を通じて、人間は自然の一部であることを強く意識することが最も大切であると伝えて頂き、自然への畏敬の念を持つことで、真に心も体も豊かな生活を送るきっかけづくりを行っています。






日本とパラオの架け橋になり、自然と健康の大切さを伝え、同時にパラオノ産業発展を目的につくられた会社です。
PMGは、「Palau Market Growers(パラオ・マーケット・グロワーズ)」の頭文字を取っています。
その意味は、「パラオの市場を開拓するもの達」です。






ロゴマークは、日本とパラオノ健康の架け橋に、そして自然の大切さを共有する人々が広がっていく波紋を表現しています。








会社名  株式会社PMG
会社所在地  東京都目黒区鷹番1-10-1 モアークビル3F
 電話:03 - 6451 - 2359 FAX:03 - 5720 -6568
設立  平成20 年 7月 28日
資本金  1,000万円
代表者  西村松夫
取引銀行  三菱東京UFJ銀行上野中央支店
事業内容  ・有機農産物の小売業、有機栽培キットの販売
 ・食品及び健康食品の卸販売及び小売り事業
 ・食品及び健康食品の企画開発
 ・通信販売事業
 ・有機農業及び健康食品開発のコンサルティング
関連会社  有限会社盛田アグリカルチャー・リサーチセンター(通商:有機農園モアーク)
 モアーク食品株式会社
 モアーク食材開発株式会社
 モアーク農産株式会社
 Palau Organic Farm.Inc

 実店舗:モアークビル(東京都目黒区目黒通り沿い)
     有機農園モアーク自社農場:茨城県つくば市・長野県北佐久群立科町
     パラオ共和国(パラオ・オーガニック・ファーム)







Copyright(C)2014 Palau Market Growers.INC. All Right Reserved.